Macbook Pro9にUbuntu12.04を導入し、windowsと合わせてトリプルブート!

新しいポストで書き直しました!題名:「ubuntu12のwifiが通らないとき!」
以下のものは、ご参照ください。
以下のものは、もちろん通るはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


MacBook pro 2012年モデルにwindows7、ubuntu12.04を入れてトリプルブートにしたときの覚書です。

VMwareとか使うのとか嫌だったので、きちんとパーティションを区切ってインストールしました。今回は、windowを入れるのはBootCampとか使うと余裕なので、Ubuntuを入れるときに手間取った点をメモしていきます。


ぼくは、もともとwindowsとデュアルだったので、Ubuntuをいれるだけでしたが、噂によるとwindowsubuntuの順番の方が良いようです。なぜかは知りません。


基本的に下のリンクのとおりにやればいいのですが、MacBook pro9は無線LANが認識されないことなどもあるので、少しだけ注意が必要です。
www.lifehacker.jp/2012/08/120827maclinux.html

  • rEFItのインストール

まずは、これをインストールしてください。それで、再起動させ、下のような画面が出てきてくれると成功です。何度か、再起動を繰り返す必要があるかもしれません。(僕は二回目でrEFIt動きました。)

このとき、LINUXに割り当てた部分をMS-DOSにしておく。また、SWAPも確保と書いてあるサイトがあるが、別に作らなくてもいけた。ウソです、すみません!

この部分は、いろいろなサイトがあるのでそちらを参照してください。僕は、Ubuntuの日本語版を使用した。途中、無線LANを認識しないので、インターネットにつながらず、心配になるかもしれませんが、あとからupdateできるので無視。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考は
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Hardware/HowToSetupBcm43xx
です。上のやり方は若干ファイルが古いので、下のリンクからダウンロードしてください。


ここからは、ubuntuがインストールできたけど、無線LANが認識されないことの対処法を書いていきます。

  • もし、有線ならネットにつながるよ、って人は簡単です。

ターミナル開いて

sudo apt-get install b43-fwcutter firmware-b43-installer

でOK。
システム > システム管理 > ハードウェアドライバ から b43 ドライバを有効化して下さい。

  • 問題は、有線がないひと。つまり、ネット接続がないひと。

まずは下のリンクからネットにつながるPCを利用して、b43-fwcutterとwl_apsta-3.130.20.0.oと-wl-5.100.138をダウンロードしてください。

参考にしたURLと若干ちがいますが、こちらでないと僕の場合は、エラーを吐きました。

http://packages.ubuntu.com/precise/b43-fwcutter
http://downloads.openwrt.org/sources/wl_apsta-3.130.20.0.o
http://www.lwfinger.com/b43-firmware/broadcom-wl-5.100.138.tar.bz2

ダウンロードしたら、それらをホームフォルダにコピペしてください。
その上で、b43-fwcutterを解凍して.debがあるディレクトリまでターミナルで行ってください。そこで以下のコマンドを実施。

sudo dpkg -i b43-fwcutter*

これで、b43-fwcutterが入るかと。

次に、

tar xfvj broadcom-wl-5.100.138.tar.bz2
<del>sudo b43-fwcutter -w /lib/firmware wl_apsta-3.130.20.0.o
</del>sudo b43-fwcutter -w /lib/firmware broadcom-wl-5.100.138/linux/wl_apsta.o

でOKです。

これで、firmwareが認識を始めるはずです。


以上です。

僕自身、LINUXは初級者なので、間違えてる部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。